自作本棚

引越しを機に本棚が必要になりました。
CD棚に引き続き、本棚も自作です。

(TT)戸田プロダクション著 清く正しい本棚 を参考にさせて頂きました。

「清く正しい本棚」では、信頼できる材木屋での木材加工が推奨されています。
ぼくは費用を抑える為と、ホームセンターの加工の限界に挑戦する為に、
ホームセンターで木を購入、加工をしてもらいました。

以下のような仕様です。
材料 :パイン材 (18mm)
※背板はベニヤ
塗装 :水性ウレタンニス
高さ :1800mm
幅  :600mm(内寸)
奥行き:180mm(内寸)

木は近所のカインズホームで¥3,500(!) 、カット代¥ 210(7カット) でした。
ねじ、釘、ニスなど入れても ¥5,000でお釣りが来ちゃいます。
¥5,000で買った既製品の本棚は使い勝手が悪かったり、強度不足だったりします。
同じ値段でも自作した本棚はとても愛着がわきます。

ホームセンターでの木の加工については先日のブログにアップしています。
ホームセンターでもちゃんと加工してもらえば充分な精度が出ることが分かりました。

パイン材の強度ですが、材料自体にはバラつきがありそうです。
穴あけやねじ締めをして、硬いところ、軟らかいところがありました。
しかし、組み上がった状態はとても堅牢です。

なお、今回作製した本棚は主に文庫本、まんがを想定しています。
A4版などは入れる予定がありませんので、奥行き 180mmで作りました。
1820×910 のパイン材一枚と背板のベニヤ一枚で作製可能です。
A4版を入れるならば、奥行き 220mm程度にした方がいいです。

このように用途に合わせて細かいアレンジが出来るのも自作の良いところですね!

組立は2時間もかかりませんが、ニス塗りはやはり面倒です。
重ね塗り、乾燥、磨きを含めて2日程度はかかります。
実作業は3時間ほどでしょうか。