ラジコン収納

ラジコンの収納について考えてみました。
ラジコンを修理する前の25年間、ラジコンは押入れのなかで色々なモノが積み重なって、つぶされそうな感じで眠っていました。
ラジコンの収納は下記のような特性により、収納には非常に困ります。
・ボディの材質はポリカーボネイトで、強度は弱く、荷重や衝撃で簡単に割れてしまう
・複雑な形をしており、上にはモノを積み重ねられない(積んでましたが)
・本体は土ぼこりにまみれ汚れている

ラジコン専用の収納用品もあるようですが、こういうニッチなものはコストパフォーマンスが悪いです。
色々考えた結果、コンテナに入れて積み重ねが出来るようにしました。
コンテナはASTAGE ST22を使用しました。

比較的安価(\1,000くらい)ですし、入手性も良さそうです。

一台ずつですが、本体(アンテナは外す)とプロポがちょうど入ります。
ちょっと空きスペースはありますが、パーツなどを入れておくにはちょうど良いです。
私のようなライトユーザーにはちょうど良いかと思いました。

ラジコン以外にも、たまにしか使わない「昔の趣味」シリーズは、同じコンテナで積み重ねて収納しようと思います。
使用頻度が高ければ専用のラックを作りたいところですが、時間対効果とスペースを考えると「そのまま積み重ね」がベストと考えました。
下のコンテナを引っ張り出すのは手間ですが、使用頻度が低いなら、専用ラックを作る時間の方が圧倒的に掛かってしまいます。
スペースもそのまま積み重ねた方が省スペースです。