自作スピーカー D-10(バックロードホーン)

長岡鉄男先生設計のバックロードホーンD-10です。
長岡先生のスピーカー本を何冊か読んでいて、最も作りたかったスピーカーです。
大きすぎず、小さすぎず、かわいいサイズですが、かなり本格的なバックロードホーンで音質も期待していました。



仕様

・板材・・・シナ合板(15mm厚)
・スピーカーユニット・・・Fostex FE108EΣ

材料

板材とカットは初めてネットで依頼してみました。
精度的に若干不安はあったのですが、とても良い精度で加工されていました。

製作

クランプ製作

大型スピーカーではありませんが、組立には大量のクランプが必要です。
今回はクランプも余った板材を使って自作しました。

組立

上写真を2セット作ったのですが、結果的にはやはり数が足りませんでした。
もっとたくさん(数も種類も)クランプがあれば、効率的だったと思います。


ただ、作業時間の制限(忙しくて30分/日くらいしか割けなかった)、スペース的な制限(作業部屋が狭い)から、次から次へ作業が出来たわけではありませんでした。

一日一工程程度でゆっくり作業したので、これだけのクランプでどうにかなりました。次作ることがあったらクランプも追加する必要がありそうです。

塗装

水性ウレタンニス(つや消しクリア)で塗装しました。
効果は未知数ですが、スピーカー内部の塗装もしました。
塗装をすることで、スピーカー内部の木への吸音がなく、反射が多くなり、音質への効果があるかもと考えました。

スピーカーユニットの固定

スピーカーユニットは以下の目的により爪付きナットで合板を挟み込む構造としました。
・締結力の確保
・めねじ部の耐久力
シナ合板に木ねじでも充分な強度は得られると思いますが、後でめねじが駄目になってからナットにしようとしても面倒なことになります。
組立前に爪付きナットを付ける方が圧倒的に作業性が良いです。
ナットは爪付きナット以外にも鬼目ナットなどの選択肢はありましたが、最も協力に締結出来そうな爪付きナットを採用しました。
私は組立完了、スピーカーユニット取り付け直前に爪付きナットを取り付けましたが、組立前に作業した方が良かったです。
組立完了すると、スピーカーユニット背面スペースは結構狭いので、爪付きナットを付けるのも一苦労でした。


保護カバー

子供の目つぶし対策でスピーカーには保護カバーを付けました(必須ですね)。

まとめ

上記の通り、ゆっくり作業をしたので、塗装を含めると軽く1ヶ月はかかりました。
音は非常に素朴で自然な音です。
小型とはいえバックロードホーン、これまでに作った(改造した)、ブックシェルフ、スパイラルホーンよりも力強いです。

出来栄えには非常に満足しています。
完成後、しばらくは眺めて、にやけてました。
スピーカーの次回作は未定ですが、次はもっと効率的に作れると思います。