ピアノ補助台(足台)自作

ピアノの補助台(足台)を作製しました。
材料は、余っていた下写真の端材。
ちょうど良さそうな大きさのものがありました。

市販品は昇降式のもの、ペダル付きのものなどがあります。

子供のピアノの先生のアドバイスでは、ピアノを弾く際、足が宙ぶらりんのままだと疲れるらしいです。
疲れるからピアノを弾きたくなるなるなくなる子供もいるとのことです。
試しに、椅子を高めにして足を浮かせてみると、確かにお腹や足に変な力が入ってしまいます。
ピアノを楽しむ子供には必須ですね。

作ったのは下写真のような、ただの台です。
シンプルですが、強度的には問題無く、大人が乗っても大丈夫です。

昇降機能はありません。
高さ調整をしたい場合は、天板のねじ止め位置を変えようと思っています。
少し面倒ではありますが、昇降機構を作る方が圧倒的に面倒です。
天板サイズは市販品の補助台サイズを参考にして、ちょうど良さそうな端材(380mm×285mm)をそのまま使いました。
高さは現状で最高240mmです。

椅子側のみ貫を取り付けました。
はじめは両側付けようと材料を準備しましたが、ペダルが邪魔になると思い、ペダル側の取り付けはやめました。

端材の選別に少し時間は掛かりましたが、加工、面取り、組立で1時間ほどで作製できました。
お金も時間も掛けずに作ることが出来ました。
子供も気に入ったようで、ピアノを弾いてくれているので良かったです。