ノア バッテリー交換



ノアのバッテリー

わが家の車は所謂80系(ZRR80)のノアです。
ハイブリッドではなく、アイドリングストップ仕様です。
私にとって初めてのアイドリングストップ仕様の車でしたが、購入前からバッテリーの寿命は気になっていました。
エンジン起動時にバッテリーの負担は最も大きくなります。
信号待ちなどで都度エンジンが停止、再起動する「アイドリングストップ」はバッテリーにはそれだけの負荷を掛けることになります。
購入時のディーラーの説明では、「アイドリングストップ仕様の車は、やはりバッテリーの負担が大きいため、専用のバッテリーを使用している。通常よりもちょっと高い。」とのことでした。
バッテリーの寿命は通常、走行距離30,000キロまたは3年とのことです。

バッテリーチェックを受けて

車を購入して2年ほど経ったころ、出先のガソリンスタンド(店員さんが入れてくれるタイプのお店)でガソリンを入れた時、無料点検をしてもらったことがあります。
「バッテリーが劣化しているので要交換です」とのコメントでした。
いまいち信じられなかったので「考えておく」と答え、放置していました。

その数ヵ月後のディーラーでの定期点検では、案の定バッテリーは全然問題無いレベルでした。
「ガソリンスタンドの無料点検は疑わしい」ということかなと思います。

車を購入して3年でディーラーでの車検を受けた際は、「バッテリーが劣化しはじめている。様子を見ながら交換をお勧めする」とのことでした。

それからさらに半年、カー用品店でバッテリーチェックを受け、「至急交換が必要」との結果でした。一番やばいランクとのことです。

気になったので、再度ディーラーでのチェックを受けると、「要交換(最悪ランクではない)」とのことでした。

昔はバッテリー寿命ぎりぎりまで乗っていましたが、今回は家族も乗ることもあり、余裕を見て交換することにしました。

バッテリー交換費用

ノアのバッテリー交換は、カー用品店でも、工賃を含んで3万円を超えます。
ディーラーには聞いていませんが、それ以上であることは間違いありません。
アイドリングストップ仕様のバッテリーは高価だということもあります。
ネットで購入すると2万円もしませんし、自分で交換すると工賃も無料です。
交換時間も10分くらいです。
私は昔カー用品店でバイトしていたことがあり、その時にはバッテリー交換は良くやらされました。
オイル交換、タイヤ交換なども(設備があれば)出来ますが、今ではディーラーやカー用品店に任せています。
バッテリー交換だけは今でも自分でやるようにしています。
注意さえすれば、誰でも作業出来ると思います。

バッテリー選定

GSYUASAのS-85が使用されていました。
今回選んだのはPanasonicのS-100です。

交換作業

(1)バッテリーを購入。
無料回収してくれるショップを選んでいます。

(2)金具取り外し。
2箇所のボルトを取り外します。
脱落しないように注意。

(3)-端子取り外し。
端子取り外しは必ず-からです。
この際、+端子が確実にカバーされていることを確認します。
(スパナを探すのが面倒だったのでモンキースパナでやっていますが、適正なスパナを使った方が良いです)

(4)+端子取り外し。
ここが一番注意するところです。
+端子に触れた工具が-端子やフレームや触れるとショートします。
昔、アルバイトの際、ショートして「バチッ」となるのを何度か経験しています。

(5)バッテリー取り外し。
重いので注意。

(6)新品バッテリーを乗せる。

(7)+端子取り付け。
ここでもショートには注意が必要です。

(8)-端子取り付け。

(9)金具取り付け。

バッテリー交換後の再設定

下記の再設定が必要でした。
・カーナビ
・ウインドウ(閉じる方向に長押し)
・ディスプレイ(時間)

まとめ

今回はバッテリー上がりを絶対に避けたかったので早めに交換したつもりですが、実際にはどこまで使えたのか気になります。
次回もまた自分で交換すると思います。