観音扉の移動式キャビネット(ミシン、プリンタ収納台)DIY

 

スポンサードサーチ

構想

ミシンやプリンタは必要なときにはさっと使いたいですよね。
一方で、我が家では使用頻度は低いため、目立つような場所には置きたくありません。
ということで、テーブルの下に収納することにしました。
ミシンとプリンタを載せて、ちょうどテーブルの下に収まるような移動式キャビネットを考えました。

移動式キャビネットはミシンとプリンタで分離し、個別に移動できるようにしました。
天板の大きさはミシンとプリンタのサイズを目安に、幅540mm、奥行き450mmとしました。
天板の高さは床から350mmです。

製作

天板、底板から側板、背板をコーススレッドでねじ止めしただけの簡単構造です。
天板はねじ頭が見えないように、ダボでねじ頭を隠します。

観音開きの扉付きです。
初めて使ったラッチの位置調整は苦労しました。
扉の片側を開けて、ラッチを閉じた状態でねじ止めしましたが、見えない場所のねじ止めは難しいです。
片側扉のラッチの位置調整とかどうやるんだろうか?効率的なやり方があるんだろうか?と思いました。

背板も含めてすべてパイン材を使用しています。

スポンサードサーチ

まとめ




ミシンを使いたいときは、テーブル横まで収納台を動かせば、楽にテーブルに乗せることが出来ます。
プリンタも使いたいときだけ、移動して電源に繋げることが出来ます。

テーブルは編み物教室で使用し、普段は一人作業です。
教室開講時のみ最大4人が座ることになるため、移動式キャビネットが邪魔になります。
そんなときにも、邪魔にならないところに移動することが出来ます。

掃除するにも便利です。