タカラトミー ピカチュウ危機一発 修理

スポンサードサーチ

ピカチュウ危機一発

こどものためにタカラトミーのピカチュウ危機一発を購入しました。

言わずと知れた定番おもちゃ黒ひげ危機一発のポケモンバージョンです。
危機一発シリーズには他にも、ミニオンズやドラえもんなど色々なキャラクターのラインナップがあります。
どれも剣を刺して人形が飛び出るおもちゃです。
黒ひげではなく、ピカチュウにしたのは、やはりかわいいからです。



今回、ピカチュウが飛び出さないという致命的な初期不良が発覚しました。
修理対応と、メーカーへの問い合わせを行った経緯をご紹介します。

初期不良

早速開封してこどもと遊んでみました。
どきどきしながら、交代で剣(パッケージにはスティックと表記)を刺していきます。
久しぶりに遊びましたが、いつか出ると分かってもドキドキします。
そして、ドキドキしながら、全ての剣を刺し終わりました。。。
ピカチュウが飛び出すこともなく。。。
何度やっても同じでした。

良く見ると、剣を全て刺す間に、ピカチュウがガタッと動くことがあります。
飛び出すべきところで、引っ掛かって飛び出してきません。
飛び出すスリルのない危機一発に剣を刺すほど無意味なものはありません。

同様の不具合が無いか検索してみました。
するとAmazonのレビューに同じような不具合報告をしているレビューを2件見つけま
した。
Amazonで購入したのに、レビューは見ていませんでした。

スポンサードサーチ

構造

危機一発シリーズは特定の場所の剣が刺さると、バネのロックが外れて、棒が飛び
出すような構造です。
人形は、この棒に押されて飛び出します。
毎回同じ位置の剣で飛び出るようではおもしろくないので、遊ぶ前に人形を押し込んで回
すことで飛び出す剣の位置が変わります。
ピカチュウ危機一発には棒のまわりにピカチュウの位置決めをするガイドが付いて
います。

ピカチュウ人形の底面にはそのガイドにはまる溝があります。

調査

ピカチュウを載せない状態だと、特定のスティックの刺しこみにより棒が飛び出ま
す。
このことから、原因箇所はピカチュウの周辺に特定されました。
ガイドと溝のガタつきが怪しいです。
棒が飛び出るときは、ピカチュウの中心が押されますが、ガイドと溝が擦れます。
棒の直動に対して、ガイドと溝の摩擦がモーメントとしてはたらき、摩擦が増加し
ます。
棒の推進力よりも摩擦力の方が大きくなり引っ掛かると推測しました。

スポンサードサーチ

黒ひげ危機一発との比較

黒ひげ危機一発はどうかと思い、実家にあった黒ひげ危機一発の形状を確認してみました。
ガイドも溝もありません。


人形を比べてみると黒ひげ人形よりもピカチュウ人形の方が明らかに重いです。
人形が軽いとバネの力に対して真っ直ぐに飛び出しますが、人形が重いとどうしてもぶれてしまいます。
ピカチュウ危機一発のガイドと溝は、これを補正するためのものと思われます。
デザイン重視した結果、人形が重くなり、人形が真っ直ぐ飛び出ないという問題に対して、ガイドを追加して対策したが、そのために人形が引っ掛かるという別の問題を引き起こしてしまったということだと思います。

おそらく苦情が多発して設計者は怒られているんでしょうね。

対策

ガイドと溝の接触面にシリコンスプレーを塗布しました。


ちょっと吹き付けて、べたつかないように軽くめん棒で拭き取ります。

摩擦が小さくなれば、スムーズに直動してくれるはずです。
このシリコンスプレー非常に万能です。
グリスは動作を安定させますが、動きが重くなります。
シリコンスプレーは動きが軽いまま、動作を安定させることが出来ます。
出来合いのおもちゃは、価格を抑えるため、組み上げて完成するような構造が多く、潤滑剤の類はあまり使われていません。
こういったおもちゃの擦動、摺動部分に塗布することで、見違えるほど軽くて安定した動きになります。

スポンサードサーチ

効果

効果はてきめんでした。
引っ掛かることが無くなりました。

メーカー問い合わせ

上記のような調査、対策をしながら、まずは初期不良であるため、メーカーであるタカラトミーに問い合わせをしています。
2日後に回答がありました。
本来は交換対応となるところ、在庫が無いため、返金か別のおもちゃへの交換対応して頂けるとのことです。
さすがタカラトミー、とても真摯な対応と、逆に感心しました。
ただ、このおもちゃに関する苦情対応方法は、おそらく決まっているのでしょうね。

まとめ

同じ製品で同じ不具合に困っている方、あきらめてしまった方、シリコンスプレーで簡単に修理出来ますので、是非ためしてみてください。