ヘッドホン SONY WH-CH510 イヤーパッド交換

スポンサードサーチ

SONY WH-CH510ヘッドホン

SONY ワイヤレス ヘッドホン Bluetooth5.0 クイック充電対応 WH-CH510-B ブラック ワイヤレスステレオヘッドセット ヘッドホン
by カエレバ

2年ほど前に購入したワイヤレスヘッドホンです。
この前は有線のヘッドホンを使っていました。
当時は有線のヘッドホンに不便は感じておらず、ワイヤレスにそれほど魅力を感じていませんでした。
前のヘッドホンが故障したのをきっかけに、せっかく買うならと色々と調べ、オンイヤータイプのもの、通勤で普段使い出来るお手頃なもの、音質もそこそこ良さそうなものという観点でこれに決めました。
当時は販売開始されてそれほど時間が経っておらず、口コミも少ないなかで購入を決めましたが、結果的にとても気に入っております。
ワイヤレスも、この解放感を一度味わうと、もう有線には戻れないほど便利でした。
2時間/日ほど使用しますが、充電の頻度は1か月に一度くらいのような気がしています。
すぐに充電が無くなるという印象はありません。

イヤーパッドの劣化

2年4か月ほどでイヤーパッドが劣化していることに気付きました。
表面がひび割れてきたかなと思っていたらすぐに破れてしまいました。
ヘッドホンのイヤーパッドは消耗品なのでしょうがないです。

SONYのサポートで調べると修理は引き取り修理または持ち込み修理のみ。
引き取り修理の場合、輸送料2,200円、修理目安料金4,004円、計6,204円(2022年8月時点)で、新品購入よりも高いです(泣)。
ユーザーでのパッド交換を推奨していないことから、交換パッドも見つかりませんでした。

インターネットで調べると、下のようなカバーを追加するような対応をされているサイトは見つかりましたが、イヤーパッド交換が出来るのか紹介されているサイトはありませんでした。

ミミマモ ヘッドホンカバー 日本製 Mサイズ 7色 mimimamo イヤーパッド ヘッドホン
by カエレバ

ただ、Amazonでは対応と記載のある交換用パッドが1,000円未満(2022年8月時点で870円)であります。
とりあえず購入して、パッド交換してみることにしました。

2個入り イヤーパッド イヤークッション 交換用耳パッド 70 MM 対応
by カエレバ

スポンサードサーチ

イヤーパッド交換

古いパッドは思い切って引っ張れば簡単に外れました。

本体側にはスリットが見えます。
ここを利用してパッドを入れていくのかと思われます。

TDITDというメーカーのものです。
箱に入っています。

右が元のパッド、左が交換パッドです。
ヘッドホンはブルーでパッドもブルーでしたが、交換パッドは黒しかなかったので黒にしました。
内部はメッシュが貼ってあります。

サイズは元のパッドと比較して同じように見えます。
強いて言うと、裏側の装着部分の深さが交換パッドの方が少し深いかと思います。

写真下側のスリットの部分に交換パッドの装着部を挟み込んで、パッドを回転させながら装着させていきます。

半周ほどは簡単に入っていきますが、そこからは少しきついです。
少しずつ全体的に引っ張りながら回していきます。

最後に交換パッドを回転させてなじませます。

まとめ

イヤーパッドが新品になり、これでまた気分よく使い続けられます。
ブルーから黒に変わりましたが、装着すれば違和感ありません。