IKEAのスツールをリメイク

スポンサードサーチ

IKEAのスツール

IKEAのスツールFROSTAは1,199円(2019年6月時点)で非常に安価な割にしっかりとしたした作りで、非常にコスパに優れた商品です。
このスツールをリメイクした事例はネット上に色々紹介されていますが、今回はtomoさんのブログを参考にさせて頂き、スツールにお気に入りの生地を張りました。

製作

購入した状態は写真のように天板と脚、ねじ、工具がパッキングされています。

天板と布の間にはこれまたIKEAのチェアパッドBERTILを取り付けます。
こちらは799円(2019年6月時点)でした。

スツールの天板にチェアパッドを載せた状態で、これに合わせて生地をカットします。
生地のサイズは430mm×430mmで良さそうです。
450mm×450mmでカットしようとして間違えて400mm×400mmでカットしてしまいましたが(大汗)、なんとかギリギリ使えました。
作業しやすいのは430mm×430mmくらいです。
下写真は430mm×430mmでカットした生地での製作工程です。


天板とチェアパッドの位置を合わせ、生地の中央に載せます。

生地をタッカーで止めていきます。

タッカー 打ち込み強度調整式 強度調整式
by カエレバ

タッカーの針の長さは6mmを使用しました。
まずは上下左右の中央位置4箇所を止めます。
生地がたるまないように軽く引っ張りながら作業します。
引っ張りすぎると生地が伸びてしまうので力加減に注意が必要です。

タッカーで止めた位置の間の均等位置を、次に止めていきます。

繰り返し、タッカーの間を埋めるように均等位置を止めていきます。

ある程度円形に近づいてきたら、余分な生地をはさみでカットします。

隙間が無くなるまでタッカーを止めます。

脚を取り付け、完成です。

スポンサードサーチ

まとめ

お気に入りの生地があれば、準備を含めて20分くらいで作業が出来ます。
タッカーは必要ですが、1,000円以下で購入出来ますし、あれば何かと便利なので購入してしまっても良いかと思います。
座り心地が良くなるだけでなく、見た目の印象も変わるので、色々な生地で試してみたくなります。