自作スタッキングシェルフ(無印良品風)

スポンサードサーチ

スタッキングシェルフ

無印良品のスタッキングシェルフは、シンプルですっきりして収納力もあり、非常に優れた収納だと思います。
スタッキングシェルフ用の収納用品が充実しているのもうれしいです。
最近ではイオンやニトリなど、同じような商品を良く見るようになりました。
それだけ人気が高いということなんでしょうね。
今回は無印良品のスタッキングシェルフを参考にしてパイン材で製作しました。
内寸は完全コピーなので、無印良品スタッキングシェルフ用の収納がぴったりと収まります。
横2列×縦4列というのは無印良品の標準セットにはありませんが、自分で思い描いたモノを思った通りに製作出来るのがDIYの良いところですね!

材料

パイン材 1820mm×910mm、厚み18mm (2枚)
近所のホームセンターでは1枚5,000円以下で入手出来ます。
安価な割に木目がきれいで、加工もしやすいです。
私がDIYするとき、最も良く使用している材料です。

スポンサードサーチ

木取図

スタッキングシェルフ(2列×4段)の木取図です。

1820mm×910mm、厚み18mmのパイン材は近所のホームセンターでは5,000円以下で入手出来ます。
2枚で製作可能です。
もし「作ってみようかな」なんて思われた方は是非活用してください。

私はいつも、カットが直角になるように、はじめに1辺を薄くカットしてもらいます。
正確に言うと「ホームセンターのパネルソーの角度に合わせる」だけなので、パネルソーの直角が出ていなかったら残念なのですが、そこまでは気にしないようにしています。
木取図に従ってホームセンターでカットしてもらえば、あとは組み上げるだけです。

製作

ホームセンターでの木材カット後、組立前に面取り、バリ取り、やすりがけ、サンダーがけを行います。
詳細はこちらの記事にてご紹介していますので、ご参照ください。

仕切り板の固定は、下側からねじ止め、上側はダボとしました。
棚板に仕切り板をねじ止めします。
底板のねじ頭は後でダボ埋めするため、あらかじめダボ穴をあけておきます。
それ以外は外観に見えないので、ねじ頭のままです。


底板側から片側の側板にコーススレッドにてねじ止めします。
側板もねじ頭が見えないようにダボ穴とし、後でダボ埋めします。


一番下段の仕切り板と下から2段目の棚板はダボで連結し、位置を決めてから棚板と側板をねじ止めします。
棚板と仕切り板のダボ穴位置がずれると、仕切り板が一直線上にならないため、ダボ穴の位置は出来るだけ精度良く加工する必要があります。

同じように棚板と仕切り板のセットを組み立てていきます。

天板をコーススレッドでねじ止めします。
こちらもねじ頭が見えなくするためにダボ穴にしておき、後でダボ埋めします。

反対側の側板をねじ止めして完成です。

側板からのねじ止めし、ねじ頭が見えると美しくないので、ダボで隠します。
あらかじめダボ用の穴をあけておきます。
ねじ止め後のダボ穴に木工用ボンドを流し込みます。

ダボを打ち込みます。

飛び出たダボをダボ切りのこぎりで切断します。

ダボ切りのこぎりはzライフソークラフト145を使用しています。

面に合わせて慎重に切断すれば、ほとんど段差は出来ません。

スポンサードサーチ

塗装

下記手順でニスを塗布します。
①ウェスで水拭きして表面のゴミを除去する
②原液のニスを塗布する
③乾燥してから、#400のペーパーを使用してサンダーがけ
④ニスを50%程度に水で薄めて2度目の塗布する

まとめ

無印良品のスタッキングシェルフは3万円程度ですが、この棚は7千円くらいで出来ました。
近くで見ると粗が見えますが、ぱっと見には見栄えも良く、大変満足しています。

完成してから5年が経過しましたが、色がだんだん濃くなってきました。
色の変化が楽しめるのも、市販品にはない楽しみ方ですね。

スポンサードサーチ

その他のバリエーション

1列(ワイド)2段

編み物教室のディスプレイ用です。
縦中央の仕切りが無いので簡単でした。

引き出し式のハカマ付き


ハカマが箱型になっており、引き出すことが出来ます。
ちょっとした収納力アップのアイデアです。