自転車リアチャイルドシートのメルカリ発送(シートのカビ取り、120cmサイズ梱包)

スポンサードサーチ

自転車リアチャイルドシート

自転車のリアチャイルドシートが役目を果たしたため、メルカリで出品しました。
出品前のクリーニングや梱包の仕方をご紹介します。

ヘッドレスト付 後用 子供乗せ 5点式ベルト RBC-007DX3 ブラック(1台)
by カエレバ

使用していたのはOGKのRBC-007DX3というモデルです。
「OGK」と赤いラベルのチャイルドシートは、非常に特徴的でありとても良く見ます。
他の選択肢があるのか?というくらい代表的なメーカーだと思います。
そのOGKでも特に売れ筋の商品だと思います。

メーカーのサイトを見るとまだ現役のモデルのようです(2021年10月時点)。
我が家では子どもが2歳くらいから5歳くらいまでの3年間くらい使用しました。
自転車は屋根無しの屋外でカバーを付けて保管していました。
台風でカバーが破れて、一時的にカバー無しで保管していた時期もありますが、紫外線による劣化や変色はほとんどありません。
自転車カバーは取付、取外しが面倒ですし、1年くらいで劣化してしまいますが、自転車へのダメージは軽減してくれるってことですね。
チャイルドシートは、汚れがありますが、クリーニングすればまだまだ使えそうです。
メルカリを見ると同商品が5,000円くらいで落札されているようなので、クリーニングして出品することにしました。

分解してクリーニングしたらカビ発覚

チャイルドシートを自転車から取外し、分解して水を掛けながらブラシでごしごしとクリーニングしました。
紫外線による劣化がほとんどないので、樹脂部品の汚れはこれでほとんどキレイになりました。

シートとベルトのゴム部分をクリーニングしていて、汚れが落ちたと思ったら、カビがびっしり生えていることが分かりました。
下はカビが生えたゴム部品の写真です。
苦手な方は飛ばして頂くことをお勧めします。

上はベルトの肩当てです。
表裏に黒いカビがびっしり生えています。

写真はシートです。
水洗いした後でてかっていて分かりにくいですが、こちらもカビが見えます。

スポンサードサーチ

カビ取り

ハイターを薄めた水に漬け、しばらく放置でカビは取れます。
ハイターじゃなくても、ブリーチとか、お風呂用のカビ取りとか、塩素系漂白剤であれば何でも大丈夫だと思います。
服に掛かったりすると、部分的に漂白されてしまいますので、作業時には注意する必要があります。

ハイター 漂白剤 大 ボトル(1500ml)
by カエレバ

 

ぱっと見ではカビが生えていたものとは思えないような状態になりました。
さすがに状態が良くてもカビ付きでは売れないと思います。


梱包

クリーニングとカビ取りが出来た状態で、出品用の写真を撮りました。
状態良さそうに写真が取れました。
自然光で取るのがポイントですね。

改めて梱包するために分解します。
メルカリ出品する際は、送料をいかに安く抑えるかが、儲けにも影響してきます。
いいかげんな梱包で輸送中に破損してしまうと、購入者にとっても出品者にとっても良いことはありません。
出来るだけ小さいスペースで、破損が無いように梱包する必要があります。

写真のような感じでヘッドレスト、ステップを本体に収納するのが良さそうです。
チャイルドシート自体が衝撃から守る目的のものですので、チャイルドシートに包むように収納すれば、中の部品には負担が掛からないように思えます。
輸送による振動で、部品同士が擦れるのを防ぐ必要はあると思います。

出荷はこれをダンボールに入れる必要があります。
メルカリでは、サイズが160まではらくらくメルカリ便で発送できます(160を超えた場合はたのめる便となります)。
らくらくメルカリ便を使用した場合の送料は、120サイズで1,100円、160サイズで1,600円と500円程度の違いがあります。
極力小さく梱包してみました。

なかに収めたヘッドレスト、ステップは輸送時に擦れないように部品同士の隙間をエアクッションを入れました。
全体をさらにエアクッションで包みます。

箱型のダンボールを使うと梱包は楽ですが、どうしても商品よりも1~2サイズ大きくなってしまいます。
梱包サイズを抑えるため、ばらしたダンボールで包み込むような梱包形態にしました。
写真では分かりにくいですが、2枚の箱型ダンボールを再利用して包んでいきます。

ガムテープで止めていき、写真のような感じになりました。
サイズは120か140というところです。
いびつな形状なので、これをどのように採寸されるかはヤマトに任せることにしました。

これをヤマトの支店に持ち込み、発送したところ、サイズは120で対応して頂けました!

スポンサードサーチ

まとめ

自転車用リアチャイルドシートのメルカリ出品のためにクリーニングと梱包の仕方をご紹介させて頂きました。
カビ取りは塩素系漂白剤でクリーニング、分解して上手く梱包すれば120サイズで発送出来ます。

ちなみに、5,500円で落札して頂けました。
状態を満足して下さり、気分良くお取引することが出来ました。

子乗せ自転車アンジェリーノのフロントシートをバスケットに交換しました。取付用バスケットの費用約800円、作業時間30分程度で作業出来ます。作業方法をご紹介します。