屋外でのSPF材の耐久性と防腐処理の効果(屋外で5年経過したSPF材の経過観察)

スポンサードサーチ

屋外でのSPF材使用

5年ほど前にSPF材を使用して砂場とベンチを製作しました。
どちらも屋外に設置したものですが、砂場は防腐処理済みのSPF材を使用、ベンチは防腐処理無しを塗装して使用しました。
5年経過した状態から屋外でのSPF材の耐久性と防腐処理の効果について考察したいと思います。

狭い庭ですが、砂場をDIYしました。大きさは内寸で幅100cm×奥行き60cm、防虫防腐加工された2×4材を使用しました。抗菌砂を使用し、清潔な砂場を実現しました。
2x4材と1X4材を使用し、開閉式の収納がある「ステップ兼ベンチ」をDIYしました。ちょうど良い大きさで頑丈なものが出来上がりました。

防腐処理済みの砂場

Before

砂場の枠を防腐処理済みのSPF材で組み上げました。

After

清潔がコンセプトだった砂場は無残な状況になってしまいました。

使用しない時には、ポリカ波板でフタをして、レンガで押さえています。
この3年ほどは全く使っておらず、砂に苔が生えております。
雨が降ればSPF材も雨に濡れ、砂場の砂、周囲の土の水分により、雨が上がってもしばらくはSPF材も水分にさらされることになります。
また、フタをすることで、乾きにくい状況だったと推測されます。

正直なところ、もっと早く朽ちると思っていました。
製作直後と比較するともちろん外観の劣化は見られますが、強度的には問題ありません。
朽ちていると言うほどでもないと思います。

役目を終えたのでいつか潰そうと思っていますが、なんとなく名残惜しくてそのままにしてしまっています。

スポンサードサーチ

防腐処理無しのベンチ

Before

After

天板は何度か再塗装していますが、日焼けで変色しています。
ステップ兼ベンチの機能としては全く問題ありませんが、外観の劣化が進んでいます。

天板を開けたところです。
部分的に著しく腐食した部分が見られます。

特に劣化が激しいのは、天板から雨が伝い、木材同士が接触する部分です。
設置場所は屋根はなく、日が高い時期には長時間直射日光に当たりますが、日が低い時期には直射日光は当たりません。
特にベンチの内部は長時間湿った状態になります。
雨が乾きにくい部分から腐食が進んだと考えられます。

上写真部分的はねじの座面がボロボロになっており、ねじが機能していません。
部分的な劣化であるため、構造的になんとか機能を維持しています。

脚となる部分は、天板との接触面となる天面の劣化はありますが、外観に出ている部分は変色がある程度でした。

もう少ししたら、今回の反省を踏まえて作り直そうかと考えています。

考察

防腐処理済みのSPF材を使用した砂場には著しい劣化は見られませんでした。
子どもも大きくなり砂場としては役割を終えていますが、構造的にはまだまだ持ちそうです。

防腐処理無しのSPF材を使用したベンチの内部は腐食がひどく、今後さらに数年経ったら機能を維持できなくなる恐れがあります。
防腐処理済みのSPF材を使用した砂場の状況を考慮すると、ベンチも防腐処理済みであれば、もう少し耐久性があったかもしれません。

ただし、防腐処理無しのSPF材を使用したベンチも、腐食があったのは、内部の接触面だけで、外観は問題ありませんでした。
つまり、雨に濡れても乾く部分であれば、防腐処理無しのSPF材でも5年程度は全く問題ないと言えると思います。

物置の必要性 我が家には玄関横にウォークイン収納があり、工具類、キャンプ用品、子どもの遊び道具を収納しています。狭いウォーク...

この結果を踏まえて防腐処理無しのSPF材を使用して物置を製作しました。
雨に濡れても腐食しにくい構造としています。
こちらも経年変化の状況を公開出来ればと思います。